院長のあいさつ | キセラ川西オリヴィエのまえかわこどもクリニック 小児科

072-756-8341

666-0017 川西市火打1丁目2番1号 
キセラ川西オリヴィエ 1-1

ご予約

問診票のダウンロード

院長のあいさつ

4周年のご挨拶

前川講平

令和3年5月1日でまえかわこどもクリニックは丸4年を迎え、5年目が始まります。平成29年5月の開院直後より地に足をつけて診療ができるようになった気がします。

この1年は小児科にとっては試練の年でした。小児科医としてこれだけ感染症の流行がない年は初めてでした。小児感染症がワクチン接種によって減少して元気なこどもたちが増えるのは本当にうれしいことですが、これだけ患者さんが減るとこれから小児科を目指す医師が減るのではと危惧するぐらいです。

今後は私の師匠の一人である服部益冶先生から教えて頂いたようにワクチンでこどもたちの感染症はさらに激減するでしょう。今まで小児科でみられた感染症は減り、生活の質(QOL)に直結するような成長障害や夜尿症、アレルギー疾患、発達の問題が主になると思います。

まえかわこどもクリニックはこどものQOLに直結するような疾患にも対応できるような小児科になりたいと考えています。

これから、5年目となる“まえかわこどもクリニック”を今後も宜しくお願いします。

まえかわこどもクリニック
院長 前川講平

ベビーカー

理念と基本方針

理念

  • 穏やかで優しくしつつ、熱心に勉強に励む(温和勤勉)
  • 先入観にとらわれず、温かく見守る(慈眼温容)
  • 穏やかで優しく、心が行き届くようにする(温和丁寧)

上記の3つの温かさをクリニックの理念とします。温とはあたたかく、穏やかであること、大切にしまっておくこと、復習すること等の意味があります。
そこで私はクリニックを開設するにあたり、以下の方針で地域医療に貢献したいと思っています。

基本方針

1
小児科専門医としてこどもと家族に納得、安心できる医療を提供します。
2
急性疾患だけでなく、専門医療(腎臓病、夜尿症、低身長、気管支喘息、鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患)も提供します。
3
予防接種、同時接種を積極的に推進します。
4
こどもと家族への医療を通じて地域医療、学校保健に貢献します。
5
スタッフ全員が技術向上のため日々努力を続け、温かいクリニックを目指します。

アヒル

院長プロフィール

出身地
兵庫県伊丹市
趣味
マラソン時々するフットサル、サッカー観戦
略歴
報徳学園高等学校卒業
2000年 
兵庫医科大学卒業、小児科学教室に入局
2002年 
重井医学研究所付属病院 小児科医員、血液浄化療法センター兼任
2005年 
兵庫医科大学 小児科 助手、病棟医長
2011年 
兵庫医科大学 ささやま医療センター 地域総合医療学 小児科医長
2015年 
ベリタス病院 小児科医長
2017年 
5月 まえかわこどもクリニック開設

資格

  • 医学博士(乙第364号 論文要旨
  • 日本小児科学会 小児科専門医
  • 日本小児科学会 認定小児科指導医
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医(小児科)
  • 厚生労働省 臨床研修医指導医
  • 日本夜尿症学会 評議員
  • 川西医師会 理事
  • 兵庫医科大学 非常勤講師
  • 小児科診療
  • 小児アレルギー
  • 小児腎臓病
  • 夜尿症
  • 低身長
  • 予防接種
  • 乳児健診・入園前健診
連携病院
連携病院

診療カレンダー

9月
30
診 療
31
診 療
1
診 療
2
午後休
3
診 療
4
午後休
5
休 診
6
診 療
7
診 療
8
診 療
9
午後休
10
診 療
11
午後休
12
休 診
13
診 療
14
診 療
15
診 療
16
午後休
17
診 療
18
午後休
19
休 診
20
祝日
21
診 療
22
診 療
23
祝日
24
診 療
25
午後休
26
休 診
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
午後休
1
診 療
2
午後休
3
休 診
10月
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
午後休
1
診 療
2
午後休
3
休 診
4
診 療
5
診 療
6
診 療
7
午後休
8
診 療
9
午後休
10
休 診
11
診 療
12
診 療
13
診 療
14
午後休
15
診 療
16
午後休
17
休 診
18
診 療
19
診 療
20
診 療
21
午後休
22
診 療
23
午後休
24
休 診
25
診 療
26
診 療
27
診 療
28
午後休
29
診 療
30
午後休
31
休 診
  • 午前診療・午後診療
  • 午前診療のみ
  • 午後診療のみ
  • 休診日


KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう