小児腎臓病・夜尿症・低身長 | キセラ川西オリヴィエのまえかわこどもクリニック 小児科

072-756-8341

666-0017 川西市火打1丁目2番1号 
キセラ川西オリヴィエ 1-1

ご予約

問診票のダウンロード

小児腎臓病・夜尿症・低身長

小児腎臓病

血尿、蛋白尿など検尿異常、先天性腎尿路奇形、尿路感染症、ネフローゼ症候群、慢性腎炎、夜尿症、遺尿症の診療をいたします。

可能な検査

血液生化学検査、尿検査、
腹部超音波検査、レントゲン検査

腎生検、核医学検査については
高次病院へ紹介して検査いたします。

小児腎疾患

小児の腎臓病は検尿異常から透析や腎移植が必要な末期腎不全まで多岐にわたり、生涯に渡り付き合っていく病気となる場合があります。
最近、小児の腎機能の正常値を始め、各種疾病に関する治療戦略が急速に整備されつつあり、日本小児腎蔵病学会主導で様々なガイドラインができています。
腎臓病を持つこども達に,適切な時期に,適切な評価を行い,適切な治療を施すことが求められる時代となりました。
成長発達も含めた良好な生活の質(QOL)を維持できるような腎臓病管理を行いたいと考えています。

参考HP
日本小児腎蔵病学会
日本腎臓学会

夜尿症・昼間遺尿症

夜尿症とは?

5-6才を過ぎても週3回以上夜間におねしょをしてしまう状態を夜尿症としています。
昼間もお漏らしをしてしまう昼間遺尿症を合わせて遺尿症といいます。
昼間遺尿、夜尿症も共に治療の対象となる場合がありますのでご相談下さい。

当院の夜尿症の治療方針

夜尿症のこどもさんの年齢やタイプに応じて治療を行っています。日本、海外のガイドラインを参考にしながら、家族とも相談した上で、便秘の治療を含めた生活指導、アラーム療法、薬物療法、漢方薬など本人にとって最も適切で効果的な治療法を提案しています。
今の時代、子供達は学校の宿泊行事だけでなく、部活動などでも宿泊行事があります。夜尿症の治療を通じて、夜尿症への対応方法を共に考えて行事に参加出来るようにお手伝いしたいと考えています。ただ、夜尿症はすぐ治るこどもさんもいれば、時間がかかるこどもさんもいます。私1人でなく、御家族と本人と一緒に解決しましょう。治った夜尿症の患者さんは皆さん笑顔で外来を卒業しています。その笑顔が私の夜尿症治療のモチベーションになっています。

おねしょ相談シート

当院では、初診時に現在の状態を分かりやすく伝えるための「夜尿相談シート」を印刷してご記入できるようにホームページにPDFファイルをご用意しております。
事前にご記入の上ご持参いただくことで、受付がスムーズに行えます。
時間短縮につながりますので、ぜひご活用ください。

参考HP
夜尿症ナビ
おねしょ卒業プロジェクト

低身長

低身長とは“同性、同年齢の平均身長より2SD以上身長が低いもの”と定義されます。-2SDとは統計学的に同年齢・同性の100人のなかで前から2.3人目になります。
確率的に目立つ低身長であれば、成長ホルモンの分泌が少ない場合があるため、医学的に検査をしてみる価値があります。そのうち治療が適応となる病気は5%以下と言われています。背が低いと劣等感を持つことで子どもが悩むことがあります。成長ホルモンによる治療や原因となる病気を早期発見して治療ができる場合があります。

下記の項目に該当することがあれば、気軽にご相談ください。

  • ① 身長標準偏差スコアが-2.0SD以下である場合
  • ② 成長速度が5cm/年以下である場合
  • ③ 成長曲線が気になるパターンを示す場合

低身長の目安

こんな時は要注意!早めに相談を

✩ 受診時に成長記録があると成長曲線が描きやすくなります。今までの身長、体重の記録をご持参ください。

参考HP
子どもの低身長を考える成長相談室
成長ホルモン治療ナビ
成長ホルモン治療 情報サイト
寄稿しました
『広報かわにし みらいふ』9月号に”意外と知らない体の話”として成長障害について寄稿いたしました。
くわしくは『広報かわにし みらいふ』9月号の23ページをご覧ください
広報かわにし みらいふ
  • 小児科診療
  • 小児アレルギー
  • 小児腎臓病
  • 夜尿症
  • 低身長
  • 予防接種
  • 乳幼児健診(育児相談)